*All archives* |  *Admin*

2007/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キルトショーに行ってきました
朝晩の気温が少し下がって、空も何となく秋の気配を漂わせてきたのが分かるでしょうか?
いくら日中暑くても、季節は確実に変化しているのが感じられます。
私たち人間が泣いたり笑ったりして毎日を過ごして行く間、自然は黙々と、でも確実に大きな歴史を刻んで行きます。





“Plano”と言うダラス近郊の街で、ギルドが主催するキルトショーが先週末の2日間開かれました。
初日の金曜日に行ってきたので、遅ればせながらその報告です。
トップ入賞したキルトはどれも力作ばかりでした。

とてもテキサスらしいキルト、珍しくハンドアップリケにハンドキルティングでした。
DSC01735.jpg


白とベージュの淡い色合いに細かな所まで心配りが行き届いたキルトには、溜息が出てしまいました。
どのキルトも、最近はマシーンキルティングが主流になってきたようです。
DSC01744.jpg

DSC01745.jpg

DSC01746.jpg

DSC01747.jpg


ここ何年もアップリケ愛好家の間で親しまれているパターン。
可愛い動物たちと植物の一つ一つが丁寧に仕上げられた、技術の高さが特別に目だっていました。
DSC01737.jpg

DSC01738.jpg


クラッシックなパターンは永遠ですね。
DSC01731.jpg

DSC01732.jpg


これも白と淡い色彩のクレイジーキルト。
写真では細かな部分が分かりませんが、ありとあらゆるテクニックを駆使してあって、息を呑むほど美しかったです。
DSC01733.jpg


久し振りに見る“Dear Jane”キルト。
まだまだ人気は衰えていませんね。
私もしばらく作っていないので、また復活させようと思います。
DSC01734.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : ダラス 趣味 キルト ハンドメイド

ワッシャブルペンを使って見ました
まだまだ日中暑い日が続きますが、朝晩が少し涼しくなりました。
ここしばらく雨が降らないので、数日前から水まきが朝の日課です。


  


DSC01549.jpg

子供が洋服などに付けてしまっても洗い落とせるペン。
先日アメリカのキルトの雑誌に、水で消せる青ペンの代わりに使えるという記事が載っていたので、実験して見ました。
DSC01550.jpg

テキトーに図案を描いて、説明通りに洗剤を入れた熱めのお湯に浸けます。
DSC01569.jpg

なかなかサッとは落ちてくれません。
本当に全部きれいに落ちるのか心配になってきました。
DSC01570.jpg

熱かったお湯がすっかり冷めるまで置いておくと、ほとんどの色が落ちました。
よーく見ると、花の部分の赤がまだかすかに残っていますが、ほとんどわからないほどです。
DSC01585.jpg

結果:
ホワイトキルトの下書きに使うにはまだ不安がありますが、色数が多いので、刺繍の下書きや縫い代を書いたりするには良いでしょう。
日本でも子供用の文房具売り場にあると思います。
みなさんお試し下さい。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 趣味 キルト ハンドメイド ダラス

新しいアップリケの本2冊
また新しい本を買ってしまいました。
DSC01403.jpg

ブラックバード デザイン著“Quilting the Garden”。
これは9月から始めるマンスリーブロックの為に購入しました。
二人組みのデザイナーチームは、アップリケやクロスステッチをする人の間でとても人気の高い人たちです。
私もこの他にも何冊もの本を持っています。
今回はキルトでガーデニングと言うのがテーマで、花の名前やガーデニングの知識も沢山載っていました。
アップリケのデザインだけでなく、本全体の写真や雰囲気が素敵です。
マンスリーブロックはサインアップすると、キルトショップで月一回行われるワークショップに参加できます。
今回はどんな人たちに出会えるか、今から楽しみです。
DSC01406.jpg

DSC01408.jpg

DSC01407.jpg


これもずうっと欲しいと思っていたアップリケの本。
アマゾンではもう手に入らなくなってしまったので、イーベイで購入しました。
Susan McCordと言う人は1800年代後半に沢山のキルトを作っています。
その多くがヘンリーフォード博物館に残っていて、そのオリジナルなデザインで有名です。
この本はこの人のキルトをインスピレーションとして、バーバラブラックマンさんが新しくデザインしたキルトの本です。
彼女もキルトの歴史家として名高く、多くの本を出版しています。
DSC01409.jpg

DSC01410.jpg

私の次のキルトは、この本を参考にして壁掛けを作る予定です。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : ダラス 趣味 キルト ハンドメイド

久々のお散歩
ずっと暑い日が続いていましたが、今週に入ってからは朝晩の空気に秋の気配が感じられるようになって来ました。
日中はまだまだ暑いものの、朝9時くらいまでなら散歩に出ても大丈夫そうです。
早速お待ちかねのブーツを連れて、近くの池まで行って見ました。

出発!
張り切っているブーツです。
DSC01305.jpg

目的地はこの池です。
久し振りの散歩なので、あらゆる所で立ち止まりクンクンするブーツです。
あまり嬉しそうにクンクンしているので止める訳にもいかず、思ったよりも時間がかかりましたが無事到着!
DSC01306.jpg

ブーツはちょっとゼイゼイしてます。
水を飲んで休憩。
しばらく来なかった池の周りは、何だかいつもと様子が違います。
DSC01307.jpg

鴨のカップル、これは良く見かける様子です。
若い頃のブーツはこの人達を追いかけたくてしょうがなくて、止めるのに苦労しました。
DSC01310.jpg

あっ!
コガモが沢山誕生していたのです!
この姿、何時見てもほほえましいですね。
日本のカルガモを思い出しました。
DSC01315.jpg

DSC01321.jpg

時期的に???と思ったのですが、この池でコガモを見るのは初めてでした。
ブーツも興味深く見守っています。
DSC01319.jpg

DSC01320.jpg

池の周りを3周して、だいぶ日差しも暑くなってきました。
今日はめずらしく足まで水に浸かってご機嫌のブーツでしたが、はしゃぎすぎて疲れたようです。
DSC01323.jpg

やっぱりワンコは散歩が好きですね。
暗くなってからの一人と一匹の散歩は不安ですが、主人に相談して夜歩こうかと思っています。
二人と二匹なら心配無いですものね。

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag : ダラス

カラーブリーチ使ってみました
以前買ったビンテージのクッションカバーが、洗ったら色が滲んでしまいました。
とても丁寧にされた刺繍は全て毛糸です。
古い刺繍糸特にウールを使ったものに色落ちが多いようで、洗濯が原因で色が滲んでしまうととても残念です。
このままでは使えないのでダメで元々です、早速こちらのキルト雑誌に載っていた記事を参考に、カラーブリーチを使って実験してみました。
写真で色落ちがわかるでしょうか?
特に赤い糸に色落ちがひどいようです。
DSC01533.jpg

DSC01534.jpg

DSC01536.jpg


これが今回使ったカラーブリーチで、大手スーパーのWal-Martブランドの商品ですが、どのメーカーの物を使ってもあまり変わらないと思います。
DSC01537.jpg


お湯にキャップ一杯を混ぜて浸けているところです。
見る見るうちに流れ出した赤いにじみが消えてゆきます。
1回目は、色落ちが直ぐに消えたので良いと思い、直ぐに取り出して乾かしました。
すると染料が残っていたのか、乾かしているうちに又滲んでしまいました。
あわててもう一度液に浸け直します。
2時間ほど浸けると液はこんなに変色しました。
どうやらベージュっぽかった地色は長年の黄ばみだったらしく、きれいなリネンになりました。
DSC01538.jpg

DSC01561.jpg

DSC01563.jpg



どうでしょう?
綺麗になったのが分かるでしょうか?
写真では分かりにくいかも知れません。
DSC01578.jpg

花や動物がとても丁寧に刺繍されています。
特にこのかえるさん、手が込んでます。
DSC01579.jpg

DSC01580.jpg

DSC01581.jpg

DSC01582.jpg

DSC01583.jpg

DSC01584.jpg

どの刺繍もとても丁寧にされていて、誰かが費やした時間が思われます。
こうしてきれいになって、又我が家のソファーを飾ってくれます。

刺繍のものもキルトも、出来上がった段階で何らかの理由で色が他の部分に滲んでしまった場合、これといって他に手段がありません。
この時の最終的な手段としてカラーブリーチを憶えておくと便利だと思いましたが、使う前の布はやはりきちんと洗って使おうと思います。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : ダラス 趣味 キルト ハンドメイド

子供のキルトとワッシャブルペン
毎日うんざりするほど暑いです。
昨日は103度を記録しました。

知り合いに頼まれて、キルトのお直しをしました。
70年代に作られた物で、素材は当時らしく全て化繊のサテンでした。
厚めの生地を断ち切りにしてジグザグミシンをかけたピクチャーキルトは、男の子らしいキャンプの風景が描かれています。
凝った作りで、寝袋など立体的になっていて、ぬいぐるみなどが入れられるように工夫されています。
使い込まれて一部のジグザグミシンがほつれてきたのを直してあげました。
元々はこの人の弟さんに贈られた物で、知り合いのおばさんか誰かが作ったそうです。
それを今は彼女の息子さんが使っています。
誰が作ったのかもう分かりませんし、使い込まれてクタクタです。
それでもこうして大切にされているキルトを見るのが嬉しかったです。
DSC01389.jpg



先月号の“Quilter's News Magazine" に、子供用のワッシャブルペンがキルティングの印付けなどに便利な事が載っていました。
子供の衣服に付いても落とせるように、洗い流せるタイプの水性ペンです。
Wal-Martで早速買って来ました。
手芸用の青ペンは1本2ドルはしますが、これはセットで3ドルでした。生地の色によってペンの色も変えられるし、綺麗に落とせれば確かに便利そうです。
いきなりトップに使って見るのには抵抗がありますが、試しに布に書いて洗ってみます。
実験結果は後ほど報告しますね。
DSC01390.jpg

同じ記事にカラーブリーチの事も載っていました。
色落ちしてしまったキルトや刺繍布を漬けておくとニジミが消えるそうです。
ビンテージのハギレなどを使ったキルトは、使う生地全てをあらかじめ洗っておくのも難しく、色落ちの危険にさらされます。
知っておくと便利かも知れません。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 趣味 キルト ハンドメイド

野生のリスです
ワンコ達が騒がしくてどうしたのかと思ったら、2階の窓辺にリス発見!
この辺には沢山いる野生の赤リスです。
いつもなら犬に吼えられると一目散に逃げてしまうのですが、今日のリス君は怖い物知らずでした。
この辺ではリスは天井裏に入り込んで巣を作ったり、電線をカジッって火事の原因になったりする事からねずみと同様に嫌われていますが、その姿はカワイイものです。
あまり上手く写っていませんが見えるでしょうか?
DSC01294.jpg

DSC01300.jpg

DSC01297.jpg

この猫ちゃん最近家の周りで良く見かけるのですが、ノラちゃんでしょうか?
私の物置兼アトリエにしているトレーラーの上、涼しい木陰でお昼寝中です。
どうやらリスはこの猫ちゃんに向かって威嚇しているようです。
DSC01296.jpg

今日は昼間だけ遊びに来ているクローウィーちゃんも興味深々です。
リスはこの窓辺すぐ外にいるのです。
窓を開けても逃げる様子が無く、ほんの鼻先にいるリスにワンコ達は大興奮のひと時でした。
DSC01303.jpg

DSC01304.jpg

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : ダラス

久々の掘り出し物
気温華氏100度(摂氏だと約40度ほど)、毎日暑い日が続いています。
例年であればこれほど暑くても不思議ではないのですが、今年は8月に入るまでずっとテキサスにしてはマイルドな気候だったので、どうにも暑く感じます。
湿度もとても高いので余計暑く感じるのと、体がまだ慣れていないせいだと思います。
これだけ暑くなってくると私などは夏ばて気味で、日中なるべく外に出ないようにしていますが、テキサスっ子の主人はかえって元気が良く見えます。
大汗をかきながら帰ってきては2度も3度もシャワーを浴びて、ニコニコしながら元気に外を飛び回っています。

お天気はすごく良いので、めずらしくガレージセール発見!
さすがにこの暑さではどこも午前中で閉めてしまいますが、それでも久々の掘り出し物を見つけました。

CORNING社製のカップたち、
デージーの模様を4個お揃いで買いました。
アフターヌーンティーに紅茶を入れたらお似合いです。
DSC01232.jpg

DSC01233.jpg


これはマーク無しですが、パイレックスでしょうか?
砂糖入れだと思います。
DSC01234.jpg


ファイヤーキングのマークは入っていませんがアンカー社製です。
お揃いが二つ同時に手に入ってラッキーでした。
スヌーピーは何時までもお気に入りです。
DSC01236.jpg

DSC01237.jpg


テキサスでは“いちじく”はほとんど見かけません。
生の実を食べた事の無い人がほとんどです。
子供の頃祖母の家に大きな木があったので、夏休みに入って遊びに行く度に収穫するのが楽しみでした。
5年ほど前に、この木の苗を園芸店で見つけた時はとても嬉しかったです。
例年に無く雨の多かった今年、今までで一番多く実を付けてくれました。
10日ほどの間に数え切れないほどの実を収穫しました。
マンゴーも今が季節です。
1個食べてしまって写っていませんが、なんと5個で1ドルでした。
試しにマンゴープリンが作ってみたくてレシピを探しましたが、探している間に主人に食べられてしまいました。
DSC01230.jpg

DSC01238.jpg

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : パイレックス ダラス

バッグ完成
やっとバッグが完成しました。
こうして改めて見ると、黒くて暑そうで夏らしくないですね。
今持つのには不向きかな?

途中で脱線する事が多くて時間がかかりましたが、作成過程を十分エンジョイできました。
初挑戦のシャドーアップリケはずうっと敬遠していたほど難しくなかったですし、バッグの仕立ても久し振りで楽しかったです。
小物を作るのがこんなに楽しい事を再発見!
次は何を作ろうかと思案中です。

ブログを始めてからどこに行くにもカメラを携帯していますが、このバッグはその持ち運びにも役立ってくれそうです。
DSC01400.jpg

DSC01401.jpg

DSC01402.jpg

口にはファスナーを付けてみました。
日本の様にファスナーの種類が多く無くて、ちょっとガッカリです。
今度の帰国の際には色々買ってこようと思います。
ファスナー以外の材料は全て家にあった物を使いました。
山ほどある布がほんの少し減ったかな?


ここ2,3日とても暑くて、この人たちはお家に缶詰状態です。
トイレのために外へ出ても暑くて、暑くて、すぐにギブアップ。
家にはこの人たちのオモチャが姪っ子が驚くほどありますが、それでも何だか退屈そうです。
DSC01393.jpg

DSC01394.jpg

DSC01392.jpg

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : ダラス 趣味 ハンドメイド

夏らしい毎日
8月に入って夏らしい毎日が続いています。
例年に比べて平均気温が高いとは言えませんが、その分湿度がとても高いので何とも暑く感じます。
昨日は今年に入って一番の暑さだったようです。

あっという間に8月最初の週が過ぎました。
二人とも何時に無く外出の多い一週間でした。
一日子守を頼まれたり、引っ越す友達の手伝いに行ったり、普段ほとんど引きこもり状態でマイペースな生活を送っているので、外出が続くと疲れます。
こちらの学校は9月が新学期になるので、子供のいる家庭は新しい生活の準備の為に忙しそうです。
時期を合わせて引越しをする人も沢山います。
姪っ子が小学校にあがりますし、大学進学で巣立っていく子供のいるお友達もいます。
周りにいる子供達の成長で過ぎて行く時間の早さを感じずにはいられません。
我が家は良くも悪くも相変わらずで、二人だけの時間は少しだけゆっくり過ぎて行くようです。
外出が多くてはかどらないバッグの製作ですが、今週は元のマイペースに戻れそうです。

ランタナは原産地がこちらなだけあって、毎年良く咲いてくれます。
手間要らずで、乾燥にもカンカン照りにも強い花です。
DSC00753.jpg


朝顔も今が咲き時です。
DSC00705.jpg

DSC00707.jpg



祖母が好きだった百日草、これは花裏がグリーンでした。
DSC00708.jpg



最後は露草。
日本にもある野草を見つけるとなぜかうれしくなります。
DSC00620.jpg

DSC00622.jpg

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : ダラス 趣味

プロフィール

chipmonk

Author:chipmonk
ブログ初心者どころか、パソコンもあまり経験のない40代の主婦です。横浜育ちですが、今はテキサス州ダラスに住んでいます。興味のある事は、パッチワークやその他の手芸、お料理に、アメリカンアンティーク。そして動物が大好きです。

みなさん読んでくださってありがとうございます。
コメントいただけたら嬉しいです。

(著作権は全て管理人に有ります。写真など無断で使用することはご遠慮ください)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。