*All archives* |  *Admin*

2007/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンティークショップ
雨の日が続いていて、週末のガレージセール巡りはしばらくの間できそうにありません。
キルト作りもまだサンプルを作る段階で、イメージがまとまってきません。
気晴らしに晴れ間をぬってお買い物に出かけました。
ついこの間まではキルトショップだった所が、アンティークショップに入れ替わっていました。
布の種類なども少なくて、お客さんのいるのをあまり見かけなかった、ほとんど趣味でしているようなキルトショップでしたが、なくなってしまったのは寂しいです。
でも、素敵なお店を見つけました。
今日はそのアンティークショップの写真をUPしました。

DSC00579.jpg

DSC00578.jpg

DSC00577.jpg

DSC00576.jpg

店内はあまり広くありませんが、まとまりのある空間が可愛くディスプレイされていました。
各ブースを個人が借りて、自分の売りたいものを好きなようにディスプレイする、典型的なタイプのアンティークショップです。
このタイプのお店はバラバラなイメージを受けやすいのですが、ここは全体を今流行りのシャビーシックにまとめてあって、それが効果を出していました。
もちろんジャンクな物も沢山ありましたが、それに混じってビンテージのエプロンが8ドル、フィードサックの布が15ドルで売っていました。
この手のお店としては平均的なお値段だと思います。
今回はどうしても欲しいと思う物に出会えなかったので、何も買いませんでしたが、飾り方の参考にもなるし、何度行っても飽きる事がありません。



スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : ダラス 趣味

ビーズの指輪
DSC00585.jpg


こんなビーズの指輪が、私の周りでちょっとしたブームです。
日本に帰国した際、実家の母が箱に入ったビーズやテングスと一緒にその頃作った指輪や何かを出してきました。
私が小学校5年生くらいの時にビーズ手芸が流行し、その時に作った物ですので、30年程は経っているでしょうか。
いくつ作ったか数え切れないほど、その頃のお友達みんなに作ってあげたのを憶えています。
80歳を越す母は戦争体験者なこともあって大変物持ちが良く、実家の狭い家はそんな捨てられないものたちで一杯です。
よくもまあとってあったと関心もしましたが、大切にとって置いてくれた母の気持ちが感じられます。
身に着けていると、少しだけ余分にやさしい気持ちになれるような気がします。
帰国してからもずうっとしていると、主人のお母さんや妹の目に留まりました。
二人とも興味深く何で出来ているのか聞くので、何年も前にガラスのビーズで作ったのだと言うと、とても驚かれました。
それから二人に作ってあげたものが又他の人の目に留まり、今までに30個ほど作りましたが、一つも手元に残りません。
日本ではもう何年も前から、もっと本格的なビーズジュエリーが盛んですよね。
アメリカでもここ数年にポプュラーな手芸として人気が出てきて、クラフトショーなどで素敵なジュエリーが売られています。
材料なども一般に普及して、ビーズ専門の雑誌や本なども沢山発行されています。
だから、こんな簡単な指輪が、こんなに喜ばれるのに驚いています。
この流行、私の周りでまだまだ続きそうです。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : ダラス 趣味 ハンドメイド

桃のコンポート
昨日の夕方から降り始めた雨、一時は風と雷を伴って激しく降りました。
今日も一日降ったり止んだりの曇り空です。
例年5月頃のダラスはちょっとした雨期の感じで、湿度もかなり高くなります。去年はそれが無かったせいもあって大変な水不足が続きましたが、ここのところの雨で、湖の水位も順調に回復しているようです。
雨降りの日があまり好きでは無い私でも、自然の恵みのありがたさを感じます。
一昨日立ち寄ったファーマーズ マーケットで桃を買いました。
沢山あったので、一部をコンポートにしてみました。
雑誌に載っていたレシピは驚くほど簡単で、思った以上に美味しく出来ました。
DSC00574.jpg


DSC00580.jpg

DSC00581.jpg

DSC00589.jpg



もものコンポート

水  カップ5
グラニュー糖  カップ2
れもんの絞り汁  2分の1個分

鍋に材料を入れ煮立てる。
洗って産毛を布巾などでふき取った桃8個を鍋に入れ、弱火で8分ほど煮る。
火を止めて、そのまま冷ます。
まだ温かいうちに皮をむく。
煮汁はゼラチンなどで固めても良い。

あまり甘くないのでこのまま食べても、アイスクリームやヨーグルトを添えても良いと思います。
この次は桃の代わりにプラムを使ってみようと思っています。

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

tag : ダラス お料理

テディベア
次のべビーキルトのデザインが決まらず、悩んでいます。

hand made bear 2

DSC00144.jpg

DSC00148.jpg

これは以前、知り合いに誘われて通った、テディベアを作る教室で作った作品です。
初めて作った小さいベアーは、先生に手伝って頂いたので一日で仕上がりました。型紙を送っていただくはずだったのが、そのままになってしまい、同じ物が作れないのが残念です。今は姪っ子の部屋に飾られています。
大きい方は、週に一回通って一ヶ月ほどで仕上げました。お友達が先生だったので気楽で楽しいクラスでした。彼女にはクライアントがいて、仕上げたベアーはみんな引き取り手が決まっています。ダラスに在る、テディベア.ソサイエティーの主要メンバーでもあります。
とても優しい人で、教え方もとても丁寧でした。
この後も何度か誘われたのですが、テディベア作りにまで本格的に手を出してしまうと、奥が深そうだし、材料費が大変そうなので止めておきました。
ベアの顔は、作った人の個性が出るそうです。
私には何となくノンビリ屋さんのベアに見えるのですが、どうでしょうか?

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : 趣味 ハンドメイド

外が大好き
DSC00560.jpg

DSC00567.jpg

DSC00571.jpg

日差しがまぶしい季節です。
この人たちは本当にお外が大好き。
芝生にゴロンと横になって日向ぼっこ、ブーツは真っ黒で暑いだろうなーと思うのですが、ゼーゼーしながらがんばります。
裏はフェンスがあるので、バディーと一緒に遊ばせようと外に出しますが、ブーツもココもなぜか自分達だけでは外で遊びません。私が一緒に居ないとダメなのです。
世話のやける人たちです。

と、ここまでは昨日下書きしたのですが、夕べ遅くになってからはすごい雨と風、おまけに雷まで鳴りました。ちょっとした嵐が通り過ぎた様です。
ここの所、雨が降る時には必ず雷が鳴る様な気がします。
ブーツもココも雷が大の苦手、夜中にソソクサとベッドにもぐりこんで来ました。二人と二匹、こんな時の為にキングサイズのベッドにしたのですが、それでもちょっと窮屈でした。
雷でパニックするワンコって結構沢山いるのでしょうか?

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag : ダラス

はじめまして バディーです
DSC00520.jpg

DSC00519.jpg

主人に拾われて我が家にやって来たバディーです。
2年ほど前に、主人がハンティングに行った先で、ガリガリだったこの子を見つけました。衰弱がひどくて、あと一日遅ければ、死んでしまっていたと思います。しばらく階段も上がれないほどで、ぐったりとポーチに寝そべっていました。
バディーを見つけた場所は、何マイルにもわたって人家の無い、砂漠の様な所です。わざわざ車で人里離れた場所まで来て捨てたのであれば、とても残酷な事です。
キャビンはハイウェーからも少し入った所にあるので、バディーがどうやってキャビンまでたどり着いたのかとても不思議ですが、夜だったので、ポーチに点いた明かりをみつけたのかも知れません。
始めは主人にしか慣れないで、私が食事を与える時には唸られたり、噛まれそうになったりして苦労しました。
家のワンコ達と馴染むのにも時間が掛かりました。
でも、そのちょっと怖そうな外見とは裏腹に、触ろうとして手を伸ばすと、怯えたようにぎゅうっと目をつぶるのです。虐待されて、よく叩かれていたのだと思うと可哀想で、人間不信なのもしょうがないと思いました。いつかなついてくれるだろうと思い、根気良く接しました。
時間が掛かった分だけ、初めて私に擦り寄って来た時には一際うれしかったです。
バディーだけ外で飼うのは不公平だと思って、何度か家の中に入れましたが、どうしてもマーキングの癖が直りませんでした。仕方ないので、裏のポーチがバディーの居場所です。
今では裏庭を守る立派な我が家の一員。テリトリー意識が強くて誰も寄せ付けませんが、その分良い番犬になってくれています。
我が家は今まで主人が留守にする事も多く、私一人ではこんなに安心して過ごせなかったと思います。
寂しさを紛らわしてくれ、そして守ってくれるワンコ達に感謝しています。
人と知り合うのと同じように、動物とめぐり合うのもご縁ですね。

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag : ダラス

ビンテージ エプロン

先週のガレージセールの報告の続きです。
DSC00548.jpg

まとめて買ったビンテージのエプロン、どれも可愛いですよね。
ハギレに混ざって見つけたのですが、これもまたみんな1ドルずつでした。
一つはタグもまだ付いていて使われた様子が無く、ドイツ製のお土産のようです。他のは50年代から60年代にかけて、どの家庭にでも普通に在ったものだと思うのですが、今見ると柄がかえって新鮮です。
状態の良いものはそのままとってありますが、使い込まれたエプロンは丈夫な所だけをパッチワークなどのリメイクに使う為に購入します。

家庭が家庭的であった、古き良きアメリカを思わせる物たちが好きです。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 趣味 ダラス

パイレックス
昨日は疲れが出たのか体調が悪く、挙句に首を寝違えてしまい、何とも気分の優れぬ一日でした。
遅ればせながら一昨日の続きです
DSC00546.jpg

DSC00544.jpg

土曜日にガレージセールでパイレックスを一度に3つも見つけてしまいました。それもどれもみな1ドル、花柄のボールはフタツキのような気もするのですがこの値段では文句は言えません。そのままでも可愛いと思います。
こんな事は最近滅多に無いので、とてもラッキーな気分です。
こちらでもオールドパイレックスは徐々に人気が上がっていて、ついこの間雑誌で見かけたばかりです。トレンドなコレクタブルとして紹介されていました。
パイレックスは日本にいる妹が好きなので、たぶん彼女のところに送ると思います。こんな物も日本で買うとかなりのお値段ですよね。
妹は大阪で、週一回自分で焼いたパンを出す喫茶店をしたり、時々パン作りを教えたりしています。パン作りを本格的に習得した人なので、作るパンはどれもとても美味しいです。
私も真似をして何度か挑戦しましたが、どうも上手くできません。いつもなんとなく目の詰まった堅いパンになってしまいます。お菓子作りは上手く出来るので、イーストを使ったものが苦手なのだと思います。

DSC00540.jpg

DSC00539.jpg

DSC00536.jpg

どのパイレックスもそれぞれ違った刻印がしてありました。
これで年代などが特定できるのでしょう。
奥が深そうです。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : ダラス 趣味

忙しい週末でした
先週末は久しぶりの良いお天気でした。
土曜日に、主人と一緒にガレージセールめぐりをして、
日曜日は、新しい家に越した主人の両親の為に家族総出のペンキ塗りをしました。大人6人の子供2人、そして犬4匹の賑やかな一日となりました。ワンコ達は子供と一緒に庭で水遊び、家の中には入れてもらえません。普段は必ず私たちと一緒のブーツは、何とも納得の行かない様子でしたが、なんとか乗り切りました。
月曜日に、ガレージセールの成果をアップしたかったのですが、昼間は疲れてボーっとしてしまい、夕方は、昨日のお返しにと言って食事会です。15人ほどが集まりました。その席で、主人のお母さんから明日孫達を連れて動物園に行くが一緒に行かないかと誘われて、つい"YES"と言ってしまう私でした。
火曜日、朝迎えに来てもらって動物園にGo!
初めて行ったダラスの動物園は広かったです。動物達は暑そうで、みんな日陰で休んでいました。子供達も暑くて、動物にはあまり興味なし、水遊びが一番楽しかった様です。
ダラスはそろそろ夏本番です。



DSC00554.jpg

これは週末に見つけたビンテージの布とボタンです。
フィードサックのは、使い古したエプロンです。
DSC00555.jpg

DSC00556.jpg

DSC00557.jpg

DSC00558.jpg

この他にも色々見つけたので、今週はそれを順にアップしていきます。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 趣味 ダラス

自然がいっぱいです
DSC00530.jpg

見えますか?軒下に野生の鳩が巣を作りました。すでに一回目の巣立ちを終え、今二度目の卵を温めています。
DSC04486.jpg

birds

これは去年撮ったモッキンバードです。玄関のすぐ脇のバスケットの中に巣をつくりました。たしかテキサス州の鳥になっていると思いますが、鳴きまねの上手な、にぎやかな鳥です。小説のタイトルにもなりましたね。
我が家は都心から少し離れているので、まだまだ自然も多く、色々な野生動物を見かけます。毎年のように何種類かの鳥が巣を作りますし、赤リスやアライグマ、オポッサムという日本では見かけない動物まで出没します。これはお腹に袋を持つカンガルーと同じ仲間で、北米に生息する唯一のユウタイ動物です。
家のワンコ達は、このリスが木や電線を伝って動き回るのを見るのが大好きで、窓辺に座って飽きずに外を眺めています。
私のニックネームChipmonkはシマリスの事で、小柄な私に合うかと思って付けました。
赤リスよりも一回り小さい、日本でも一時鎌倉などでよく見かけたリスです。この辺りには生息していず、もっと北に住んでいるようです。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

tag : ダラス

迷っています。
DSC00515.jpg

知り合いに赤ちゃんが生まれます。
懲りずに又、キルトを作ってあげると約束してしまいました。
今回はミシンで作ってみようと思っています。
予定日は8月なかばで、その前のベビーシャワーに間に合わせたいので、そろそろ作り始めなければと思っています。
生まれて来るのは、男の子です。
私好みだと30sっぽいブルーを沢山使った、パステル調のかわいいものになります。
ところが、どんなイメージで作ろうかとお母さんに話を聞くと、どうやらブルーとタン(いわゆる、ベージュからブラウン系)で部屋を作っていく予定のようです。
週末にペンキ塗りをしたそうで、部屋の雰囲気も見てみないとはっきりしませんが、どうやらかなりマスキュランなイメージのようです。
困りました!!
持っている布を見てみると、なんと男の子っぽいものの少ない事!
このシリーズは以前よく行ったキルトショップの国旗をイメージしたカントリー調”ブロック オブ ザ マンス”です。これが一番イメージに近くて、私の好みにも近い感じだと思うのです。
ただ彼女のイメージよりも、かなり赤が多いのが気になります。
全く自分の好みと違う作品を作るのは苦痛に等しいものがあるし、只今、大変悩んでおります。
こんな経験のある方、どなたかアドバイス頂けませんか?

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : キルト 趣味 ハンドメイド

可愛い缶
ダラスはココのところだいぶ暑くなってきました。湿度も高く、蒸し暑い毎日です。
DSC00409.jpg

DSC00415.jpg

DSC00414.jpg

絵柄の可愛い缶が好きで集めています。
1枚目の写真は、雰囲気のある古い絵柄の復刻で、後の二つは日本でもお馴染みのサンプラーチョコの缶です。薄くて四角い形が裁縫箱にしたら使いやすそうだと思って買いました。
私はこんな物をみなガレージセールで買い求めます。
知っている方も多いと思いますが、ガレージセールと言うのは、天気の良い週末に自宅のガレージでするフリーマーケットのようなもので、アメリカ人は、自分達が必要でなくなったものを処分する場としています。
ちょっとした現金収入にもなるし、リサイクルにも貢献しています。
ジャンクな物も沢山ありますが、それに混じって掘り出し物を見つけることもあって楽しいです。
ダラスの夏はとても暑くなりますので、みんな春先と秋口の陽気の良い時期を狙ってガレージセールを計画します。ただこの時期は雨降りも多く、週末と晴れの日が上手く重ならない事もあってタイミングが難しいです。
今年の天候はとても不安定、特に週末は雨降りが続いているので、私たちのガレージセール巡りは不調です。
でも去年のひどい水不足の事を考えると、文句なんて言えませんね。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : ダラス 趣味

壁掛けキルト
DSC00038.jpg

一昨年クリスマスの為に作ったフェザースターの壁掛けです。
昔から赤毛のアンや大草原の小さな家が好きで、シリーズの本は何度も繰り返し読んだものです。
大草原の小さな家はこちらでも人気があって、今でも再放送しています。
中学生の時、パッチワークが何かもわからずに2種類の布を小さな四角に切ったことがあります。たしか2メートルずつはあったと思います。型紙の作り方も、正確なピースのつなぎかたも解らず、いくつかをつないだだけで押入れの肥やしになりました。
実家の母は物モチが良いので、きっと今でも、どこかにしまってあるはずです。
その後、デザインの勉強がしたくて横浜洋裁に通いました。一通りの知識はこの時身に付けました。パッチワークは独学ですが、この時学んだ洋裁の基礎は大変役立っています。しばらくオートクチュールのお店に勤めたこともあります。
布やレースやボタンが好きで、この頃蒲田のユザワヤにもよく通ったものです。
その他、刺繍や編み物などもしましたが、パッチワークには苦手意識があって敬遠していました。
アメリカに来てからしばらくは、手作りとも縁遠くなっていましたが、ある時手縫いを再発見!パッチワークにのめり込みました。
今は黙々と針を動かしている時が一番幸せです。
数日針を持たないとイライラしてくるほどです。
私のキルトは最初から贈る相手が決まっているか、そうでなければ出来上がると直ぐにあげてしまう事が多いので、あまり手元に残っていません。
このパターンで大きなキルトを作る為の練習で始めましたが、細かいピースの数が多く、思ったよりも時間が掛かってしまい、この壁掛けを仕上げた時にはうんざりでした。
このパターンで大きなキルトは絶対に作れないと思っていましたが、最近少しずつ気が変わってきました。
また挑戦してみようかと思っています。
私、星のパターンが大好きなんです。

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : キルト

アンティークな布が好き
DSC00041.jpg

このベアー、1800年代の布が沢山使ってあります。
大分前にガレージセールで見つけた物です。
所々に破れた部分があったのを、同じ年代の手持ちの布で繕いました。
古い布は集めている人も多く、近頃では貴重なものとなりました。
1930年代のフィードサックも大好きな布ですが、日本でもコレクターが沢山いますね。
こちらでもガレージセールに出るような事は珍しく、ずうっと前に一度だけ箱にはいったハギレを見つけて大喜びしたことがあります。
値段は高くなりますが、アンティークモールのような所にはまだ時々出回るようです。
ヒューストンのキルトフェスティバルに行くと、デッドストックのフィードサックなども沢山あって、ついつい欲しくなってしまいます。
日本には海外のアンティークの布を専門に売るお店などあるのでしょうか?
どなたかご存知ですか?

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 趣味

悲しいニュース
昨日、またワンコに関わる悲しいニュースがありました。
ダラス近郊で闘犬をさせていた人たちが摘発され,9匹のピットブルが保護されました。そのうちの1匹は回復が望めないほど衰弱していたようです。写っていたワンコ達はみなとても悲しそうな顔をしていました。
我が家のブーツもバディも雑種ですが、どちらも一番強く血を引くのはピットブルらしく、顔つきや後ろ足の湾曲したところ、そして何より忠実な性格がピットブルそのものです。
この手のニュースを聞くたびに、ワンコ達の顔がブーツの顔にダブり、悲しくなります。
この犬種、日本では殆ど見かけませんが、こちらではとても人気があります。アメリカンブルドッグやボクサーに近い血筋になると思いますが、見た目のいかつい所と忠実で人懐っこい性格にギャップのある、人間が好きでたまらないかわいらしいワンコ達です
ただ問題なのは、その性格を利用して闘犬として飼育する人たちがいる事です。
闘犬とは、わざといじめたり傷つけたりして凶暴にして育てた犬同士を、死ぬまで戦わせるお金を賭けたギャンブルで、法律で禁止されていますがその摘発は後を絶ちません。
こうして飼育されたピットブルが人を襲った事件も時々あります。
人を襲った犬は直ぐに殺されてしまいます。
私は、でもそれって犬が悪いのでは無く、そうなる様に育てた人間が悪いのだと思うのです。
ピットブルを、この様な事とその怖そうな外見から毛嫌いする人もいるし、反対に愛してやまない人も沢山います。
少しでも多くの人に、ピットブルは育て方次第で決して恐ろしい犬ではない事を知ってもらいたいです。
いつの日か、ニュースでこの様な事件を聞かなくなる日がきますように。
DSC00116.jpg

日の当たる場所が好きなブーツです。

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

tag :

赤いキルト
DSC00036.jpg

トップを作っただけになっているキルトです。
キングサイズのベッドカバーにするつもりで、初めてミシンで縫いました。
トップが出来上がるのはとても早かったのですが、これにキルティングをいれるのは大変です。しつけをかける時には絨毯の上でしていましたが、これほどのサイズのものになると時間もかかるし、なにしろワンコ達をブロックしておくのに苦労します。
ポータブルな机を二つ並べてそこでしつけかけをしようか、それとも図書館にでも持って行こうか、色々思案中です。
今までのキルトはみなハンドキルティングで仕上げましたが、あまり得意ではありません。これはミシンでしようと思っています。
アメリカではミシンでキルティングだけをしてくれるサービスもありますが、キングサイズだと100ドルは掛かりそうです。
かかる時間と手間を考えると高いとは言えませんが、私にはまだ抵抗があります。
いつの日にか完成させて写真をアップしたいです。
ブログはこんな時の励ましにもなりますよね。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : キルト

鹿肉ジャーキー
DSC00434.jpg

出来上がった自家製鹿肉のジャーキーです。
作るのにけっこう手間が掛かるのですが、みんなにとても人気があって、いくら作ってもすぐに無くなってしまいます。
DSC00439.jpg

最近買ってもらった乾燥させる機械とココです。この機械のお陰で、乾燥に掛かっていた時間が半分以下に短縮されました。
ドライフルーツなども作れる様なので、挑戦してみたいです。
ココは私が台所にいる間は離れようとしません。
おこぼれが目当てなのです。

主人がハンターなので、捕ってきた鹿肉や猪肉が冷凍庫に沢山あります。
農耕民族の日本人からするとハンティングは残酷にも感じますが、狩猟民族のアメリカ人の多くにとっては大切な生活の一部です。
主人も子供の頃から親しんでいるので、毎年シーズンが始まるのが待ちどうしそうです。
初めのうちは味にクセがあって馴染めなかったり、大きな塊肉に苦労したりしましたが、今ではほとんどの料理に使えるほどになり、スーパーで買う肉類は鶏肉くらいです。
命を奪った動物達を決して無駄にしない事が、ハンターの妻になった私の務めだと思っています。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

うれしい!!!
DSC00366.jpg

数日ブログをサボっている間に3つもコメントがはいっていました。
誰かがどこかで、私の独り言のようなこのブログを読んでくれているのが、とてもうれしくて感激しています。
アメリカで暮らすようになって早14年、英会話や日常生活のほとんどのことに不便は感じませんが、それでもやはり感覚の違いは埋められません。
時々自分が良くも悪くも日本人である事を強く感じます。
元々あまり積極的な方ではないので、お友達を増やすのも難しいです。
みなさん本当にありがとう。
私らしいブログが作って行けたらうれしいです。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

chipmonk

Author:chipmonk
ブログ初心者どころか、パソコンもあまり経験のない40代の主婦です。横浜育ちですが、今はテキサス州ダラスに住んでいます。興味のある事は、パッチワークやその他の手芸、お料理に、アメリカンアンティーク。そして動物が大好きです。

みなさん読んでくださってありがとうございます。
コメントいただけたら嬉しいです。

(著作権は全て管理人に有ります。写真など無断で使用することはご遠慮ください)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。